総合人材サービス RIFORMA

アウトソーシングとはどういう意味ですか?

自社の業務遂行のために、社外の資産や労働力を活用することです。
当初は主にIT部門が委託対象でしたが、その後は経理、総務、人事など間接部門全般へ、そして最近では開発業務やマネジメント業務の一部を外部委託するというケースもみられるようになっています。

様々な業種で実績があります。お気軽にご相談下さい。

契約上は請負の契約を結びながらも、実質は現場の担当者から労働者への業務指示が出される、派遣の形態であるものを偽装請負を呼びます。
請負を行なうためには特に許認可が必要なく、賃金規定等もないため、かつては偽装請負が多く行なわれましたが、近年のコンプライアンス重視の風潮と、大手派遣会社の相次ぐ摘発により、減少しています。

はい、可能です。
自社パート、アルバイトを一括して移管(移籍)していただき当社にて管理を行うことによりコストダウンを行います。

はい、可能です。
当社の生産部スタッフ(正社員)にて、あらたにアウトソーシング体制を構築いたします。

アウトソーシングを行う作業により期間は様々です。
当社担当者が作業見学を行った後に、タイムスケジュールをご提案させて頂きます。

1.固定費である人件費を生産数量に応じた加工費にすることで生産コストのコストダウンが可能となります。
2.請負導入により自社社員を高付加業務にシフトすることによりコア業務の強化が可能となります。
3.雇用リスクの回避につながります。

TOP
JOB INFO